脂肪を注入して豊胸手術が出来るという記事を読んだから調べてみた

胸の大きさのことを気にしてしまう女性は多いのではないでしょうか。
ある程度の年齢になってしまうと、胸が自然に大きくなることは期待しにくいと言えます。
その場合を解決する方法の一つが豊胸手術です。
ただ、手術となるとリスクなどのことが気になってしまう人もいると思います。
今回は、豊胸手術の中でも安全性が高い施術を紹介します。
安全性が高いので年齢に関係なく美しくなりたい女性におすすめです。
他にもメリットは多く、なんでこの手術があることにもっと早く気付かなかったのかと、思える様な胸を大きくする手術です。

不要な脂肪を吸引し胸に入れる夢のような方法

脂肪注入法と言う豊胸方法があります。
この豊胸方法は、まずは自分のサイズダウンしたい不要な部分の脂肪を、器具を利用して吸引します。
次に吸引した脂肪を、注射器を利用して胸に注入してバストアップを行います。
バックを入れずに胸を大きくすることができます。
そのため、外から見た感じがより違和感が出なく済みます。
温泉などで裸になるときでも、堂々としていられやすいでしょう。
自分が感じる体感的な違和感も少ないと言えます。
違和感なく過ごせるので、あまりストレスを感じずに生活しやすいです。
好きな人に触られても自然な感触なので、バックを利用した豊胸よりばれにくいでしょう。
自分の脂肪によるバストアップなのでアレルギー反応なども起きにくいです。
その他、副作用も豊胸手術の中でも少ないので安心することができます。
副作用としては、手術部位が赤くなったり腫れたりすることはあります。
ただ、施術した医師の指示にしたがっていれば副作用の問題なあまり起きないです。

術後のサイズは予測できないらしい

吸引した脂肪をバストに注入する場合は少しずつ行います。
そのため胸に入れる脂肪の量が多ければ、胸の大きさを手術直後ある程度大きくすることはできます。
ただ、注入した脂肪は胸にそのままとどまるとは限りません。
注入した脂肪がどれだけ胸にとどまるのかと言うことを生着率と言います。
生着率は個人さがあり、医師でも簡単に予測することはできません。
注入した脂肪の7割程度が身体に吸収されてしまうこともあります
胸の大きさがある程度安定するには1か月程度かかります。
手術直後と手術後1か月の胸の大きさは異なることがあります。
脂肪注入量が多いと、しこりができることがあります。
数回手術を行い理想とする胸の大きさに近づけていくことになるでしょう。
胸に入れる脂肪の不純物を除去してさらに活性型幹細胞を追加するなどの方法を選択すれば生着率を最大8割程度にできると言われています。
また、施術を担当する医師の施術スキルにより注入した脂肪の生着率は異なってきます。

コメントする