上司からCSR翻訳の業者を調べるように頼まれたけどCSRってなに?

人によっては「CSR」という言葉を初めて耳にする人もいるかもしれません。
どんなものなのかが想像もつかない人もいるでしょう。
「CSR」は企業の社会的責任を指すものであり、企業のホームページなどでCRSを行っていることをアピールすることにより、世間的に良いイメージを与えることもできます。
企業は企業そのものの利益追求だけではいけないという意味でもあり、日本だけではなくてアメリカやヨーロッパなどでも認知度の高いものとなっています。

CSRは企業の社会的責任のこと

今や、CSRは上場企業にとって重要な事柄になりつつあります。
一昔前までは利益を突き詰めることが企業の在り方として認知されていましたが、今は、社会的活動をしてこそより良い企業として認められる風潮が高くなっています。

具体的には、どんなCSRを行っているのでしょう。
環境に対する改善を取組んだり、人権を尊重した雇用や労働環境を提供する、消費者への適切な対応などがその主な例といえるでしょう。
他にも、公正な課題やコミュニティの開発なども挙げられています。
わかりやすく言えば企業というのは単体のモノではなくて、社会という枠組みの中で存在しているものであるので、そこに住んでいる人々と共存を図る必要があるということです。
つまり、CSRは社会の一員であることを忘れないようにするためにある言葉といえるのかもしれません。
企業側はCSR報告書を作成する必要があり、専門の業者に発注することで対応しているところもあります。

CSR報告書の作成関連のバタバタが終わったら一人カラオケに行きたい!

CSR報告書は多岐にわたるため、企業がその報告書を提出する場合には多くお時間を要することとなります。
そのため、CSR翻訳の仕事は場合によっては、専門の業者に依頼することもあるでしょう。
また、企業側にとってもCSRは重要度の高いものとなるので、納得ができないようなものを世間に提示するわけにはいかない事情もあります。
報告書はどのような体系になっているかというと、企業理念から始まり、会社の代表者のあいさつやメッセージ、事業の概要、CSRの取り組みや社会貢献活動などが明記されています。
提示されるないようなボリュームは各企業によってばらつきがあります。
伝えたい内容が多い場合にはおのずと、CSR報告書のページ数も多くなってしまうかもしれません。
さらには、上場企業をはじめとする大企業の場合には、日本語で示すだけではなく、中国語や英語などの海外の言語に翻訳する必要もあり、そういった側面からも専門業者に依頼するのが多い理由となっています。

おススメホームページ
CSR翻訳の会社をお探しなら【ボンズ・インターナショナル】へ

コメントする